多くの方が体験しています

芸能人も多く体験し急速な広がりを見せているレーシック。当然それだけの様々なメリットがあるからといえます。

正しい知識で判断しよう

メリットもデメリットもきちんと把握した上で決めるようにしましょう。

レーシックによって得られるメリット

“角膜手術”という方法を行うレーシックですが、その主なメリットとして下記のような3つが挙げられます。

術中・術後の痛みがほとんど無い
術中は、当然麻酔をかけて行う為、痛みは殆どありません。また、手術時間は片目でトータル10分~15分程度という短さも痛みを伴わない大きな理由になっているものと思われます。
手術時間が短い
手術は、角膜を切って手術を行いますが、切った角膜を元に戻す形で処置する為、感染などに対する処置さえしっかり行っていれば、拒絶反応などの副作用が無く、治癒する時間が短くて済む為、術後の回復が早くなります。また、手術は当日で終わる為、入院の必要がなく、当日に車の運転などを行うことは危険だとされていますが、日常生活を送ることは可能になります。
術後の回復が早い
その為、術後の検査が必要にはなりますが、一般的には手術の翌日から日常生活を行うことが出来ます。
その他のメリット
また他にも、人によって様々ではありますが、レーシックにより裸眼での生活が行えることによるメリットもあります。

他に、メガネやコンタクトレンズでは支障がある場合には、レーシックによる視力矯正が適しているということが言えます。

レーシックのデメリット

レーシックは、安全性の高さもメリットの1つですが、手術という性質上角膜にキズを付けることになってしまいます。その為、確率的に非常に低いと言われていますが、手術によるリスクが伴ってしまいます。

手術に伴う“リスク”というデメリット

“角膜手術”という方法を行うレーシックですが、その主なデメリットとして下記のような3つが挙げられます。

執刀医の技術による手術の精度(従来のレーシックの場合)
レーシックは“角膜を削る手術”を行う為、手術後の経過や完治後の状態が執刀医の技量に左右されてしまいます。また、手術を行った後に元に戻すことは出来ません。仮に手術のやり直しが必要な場合でも、角膜に必要な厚さが残っていなければ、再手術を行うことも出来ません。その為、手術を行う際には、執刀医の実績などから、腕の良い医師を選択する必要があります。
術後の感染症など
手術は、角膜を切って手術を行いますが、切った角膜を元に戻す形で処置する為、拒絶反応などの副作用がありませんが、実際に角膜を切ることにより、切り口から細菌などが入り、感染症になってしまう危険性があります。感染症などのリスクは、術後の処置をしっかり行っていれば、かなりの確率で抑えることは可能ですが、リスクが“ゼロ”になることはありません。
後遺症など
人によって症状の出方などは異なりますが、下記のような症状が出ることがある為、これらもデメリットに成り得ると言えます。
  • ドライアイ
  • ハロとグレア
  • 充血
  • 異物感
  • 涙目
  • 矯正視力の低下
  • 過矯正や遠視ぎみになる
  • 低矯正や近視が残る
これらは、場合によっては医師による処置が必要になる為、術後の処置や検査などを怠ることで重大な症状に発展する場合も起こりかねません。

主な後遺症を解説

前述した後遺症について詳しく説明します。

ドライアイ
ドライアイとは直訳すると“乾いた目”涙の量の不足で目が乾燥することです。目が乾くと目がしょぼしょぼしたり、痛くなったり傷つきやすくなったりします。術後短期間のドライアイはレーシックでフラップをつくるときに神経が切断されるためにおこると言われています。神経が再生してくれば手術前の涙の状態までに戻ります。
ハロ(ハロー)とグレア
ハロ(ハロー)、グレアとは、夜間に光がにじんで見えたり(ハロ、ハロー)まぶしく感じたり(グレア)することです。通常、ハロ(ハロー)とグレアは、フラップが完全にくっついてない時期に光の屈折が原因で起こり、時間の経過とともに治まっていきます。
しかし、中には、ハロとグレアがひどく、それがずっと続くことがあります。それは、夜間に瞳孔が開く大きさよりも、レーザーの照射口径が小さい場合におこります。術前に暗いところでの瞳孔が開く大きさをきちんと測定することにより防ぐことが できます。
レーシック後の視力の低下の原因
厳密な意味で失敗とは言えないのですが、近視がまだ完全にストップしていないうちにレーシックを受けた場合や、目を酷使した場合など、視力が低下することがごくまれにあるそうです。また元の状態に戻ろうとする、自然治癒力が働いて、多少、視力が戻ってしまうこともあります。(視力の戻り)この場合は、角膜の厚みに余裕があれば、再手術をして再度視力を回復することができます。眼圧の高い方ですと、フラップがまだ完全にくっついていない時期に視力の低下が起こることがあります。角膜の下の部分でしか目を支えていることができないためです。この場合は、フラップが完全にくっつくまで眼圧を下げる目薬を使います。フラップがくっつけば視力は安定します。
神戸神奈川アイクリニック
生涯保証のトータルケア。芸能人を始め著名人が多数来院しています。オーダーメイド治療ならココ。アイレーシック症例数No.1の実績を誇ります。
予約はこちら
費用 施術名 価格 保証期間 日帰り
スタンダードレーシック 15万円(税込) 3年
iFS イントラレーシック 25万円(税込) 3年
アイレーシック 30万〜40万円(税込) 3年〜15年
詳細情報 症例数 無料説明会 適応検査 アベリーノ検査
46万222症例(2016年8月末日現在) あり 無料 無料
アフターケア 保証内容 割引/特典 地域
無料 再治療/術後検診・相談/合併症治療 交通費補助で1万円割引 東京(新宿)/大阪(梅田)/福岡
神戸クリニック
品川近視クリニック
実績豊富な業界最大手クリニック。レーシック世界トップレベルの実績があります。経験豊富なドクターが多数在籍しています。
予約はこちら
費用 施術名 価格 保障期間 日帰り
スタンダードレーシック 7万円(税抜) 1年
イントラレーシック 8.6万〜14.7万円(税抜) 3〜5年
Zレーシック 20.4万〜29.7万円(税抜) 8〜10年 10,000円割引(片目の場合は半額)
詳細情報 症例数 無料説明会 適応検査 アベリーノ検査
120万以上 無料 1万円(手術を受ける場合は無料)
アフターケア 保証内容 割引/特典 地域
無料 定期検診、1回目の再手術 交通費補助が最大1万円 東京(有楽町)/札幌/名古屋/大阪/福岡
品川近視クリニック
SBC新宿近視クリニック
オリコン満足度総合第1位を獲得。芸能人も多数レーシックしています。生涯保障が低料金で受けられます。説明会も随時開催しています。
予約はこちら
費用 施術名 価格 保障期間 日帰り
SBKレーシック 9.4万円(税込) なし +0円
イントラレーシック 19.8万〜27.8万円(税込) 1〜2年
詳細情報 症例数 無料説明会 適応検査 アベリーノ検査
10万以上 あり 無料 無料
アフターケア 保証内容 割引/特典 地域
無料 定期検診、再手術、合併症治療 学割1万円、託児補助最大1万円、家族割・グループ割など 東京(新宿)
SBC新宿近視クリニック